HOME > 移住・交流ノウハウ > 都会とは違う、移住先の住まい探しの注意点

[第6章] 都会とは違う、移住先の住まい探しの注意点

岡山nawate

何から探しはじめるのか?

「移住先でどんな住まいを選ぶのか」は移住の目的によっても違う。そこに永住するつもりなのか、それとも体験を兼ねた仮の住まいなのかによっても探し方は大きく変わってくるはず。

都会との2拠点生活を前提としたセカンドハウス的な住宅を考える場合は、管理やセキュリティの問題も考える必要があるだろう。最近では奥さんが都会に残り、旦那さんが地方で暮らすという2拠点生活を送るケースも増えている。その場合は交通アクセスの良さも大切なポイントになるだろう。

農業を始めるにしても、自給自足的な生活であれば庭や付随した畑で十分だろうし、本格的な営農を考えるならふさわしい住居があるはず。また、海と山では気候や環境は全く違うし、ひと言で田舎といっても、管理された別荘地のように生活のライフラインが整った場所もあれば、まわりには何もない里山まで様々な村や集落などがある。何となく決めたのでは、理想と現実とのギャップに悩み、果ては移住生活そのものを断念せざるえないことになってしまいかねない。

賃物件を探すのか、それとも中古物件として売りに出ている住宅の購入を考えているのかなど、住宅のタイプによっても探し方がちがってくる。まずは体験的な居住を考えているのなら、バックアップをしてくれている自治体を調べてみる必要もある。

2013年11月19日 掲載

移住・交流ノウハウ 目次

[イントロダクション] 移住を成功に導くためのステップ
[第1章] あなたにとって移住とは?目的と場所を考える
[第2章] 移住の失敗、その原因は何?
[第3章] 年代別に考える 移住の注意点は?
[第4章] 国や自治体は強力な「移住サポーター」
[第5章] 移住へのファーストステップ
[第6章] 都会とは違う、移住先の住まい探しの注意点
[第7章] 移住先での仕事、その選択肢を考えてみる

オススメ

新着記事

このページの先頭へ