HOME > おすすめエリア > 紫波町

紫波町

紫波町

岩手県の中心部に位置する紫波町。「南部杜氏発祥の地」として、古くから日本酒の製造が行われています。また、県内一のブドウ生産量を誇り、若手農業者の活動やワイン造りも盛んです。 近年では、公民連携の複合施設として誕生した「オガール」が地方創生の成功事例として全国から脚光を浴び、多くの人たちで賑わっています。 ここでは、古き良き文化を受け継ぎながら、まちの新たな歴史が築かれています。

そんな紫波町の課題は、10代~20代の世代が、進学や就職のタイミングで町外へ出て行くことです。 そこで、紫波タウンイノベーターズ(地域おこし協力隊)を募集し、まちの将来を担う人材の育成、若者の移住定住促進に向けた取組みを始めます。

このページの先頭へ