【伊豆半島の暮らしを見に行こう!】伊豆半島の付け根と横っちょで「未来の暮らし」を垣間見る。 ~半島の先っちょで、移住をさけぶ~

0

このイベントは終了しました

\やってきました伊豆半島!!/

最近のキラキラしたおしゃれ移住にもの申す!とはじまったこの企画。ココロココ編集部では「半島」に注目し、半島と都市を結ぶイベント連続開催しています。

2016年10月22日(土)・23日(日)は、ついに伊豆半島に上陸します!字のとおり、海まで熱くなってしまいそうなほど、アツいまちづくりをしている「熱海」と、これからワクワクすることが始まる予感がする、伊豆半島の東側「東伊豆」を訪れます。2日間両日参加でも良し!どちらか1日だけの参加でも良し!移住バブルのその先をいってみたい、ディープでリアルな移住を追求したい、モヤモヤな皆さんの参加をお待ちしています!

時下、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
明日、明後日と開催予定の当イベントは、運営の都合上、延期とさせていたくことに致しましたのでお知らせいたします。
 ご興味をもっていただいた皆様、関係者の皆様には、多大なご迷惑をおかけしますこと、またイベント前日にご案内となりましたことを、心より深くお詫び申し上げます。
 

株式会社ココロコラボ 運営 齋藤
************************************************************

向かうは伊豆半島。「100年後も豊かな暮らしができるまちをつくる」を合言葉にリノベーションによるまちづくりを行っているホットなスポット「熱海」と、まさに今、静かに移住ウェーブが巻き起こり始めている「東伊豆」へ向かいます。
これまでの半島移住イベントにゲストとして関わってくださった熱海の市来さんにご協力をいただき、地域の皆さん、移住者のセンパイに会いに行く、リアルな移住フィールドワークを開催します!

・東京駅から伊豆半島の付け根、熱海まで最短で46分。二地域居住を選択肢にしたい方
・半島の先っちょで海と山に囲まれた暮らしを実践してみたい方
・地域の人間関係づくりが不安。どのように地域で関係性をつくったらいいんだろう?という方
・独立、子育てなどのライフステージで実際に移住された方の意見をききたいという方
などを考えている方はぜひご参加ください!

誰かに提示された移住ではなく、自分が主体となって選択した移住を手にしよう。
実際に実践している半島移住のセンパイを一緒に訪れて、半島だからこそ実現できる移住に向けて一歩踏み出しましょう。

熱海の全景

■イベント詳細
「伊豆半島の付け根と横っちょで「未来の暮らし」を垣間見る。~半島の先っちょで、移住をさけぶ~」

日時:2016年10月22日(土) 熱海駅11時00分集合、21時00分熱海終了
         23日(日)伊豆稲取駅10時41分集合、伊豆稲取駅 15時30分解散
        ※基本、両日参加ですが、1日のみの参加も可能です。
参加費:1000円(保険代、企画費) ※現地でかかる費用は全て実費です。
定員:12名
主催:ココロココ編集部(株式会社ココロマチ内)
運営:ココロコラボ

■申し込み方法・締切

事前申込制です。
下記URLから【10月21日(金)12:00まで】に参加登録をしてください。
お申し込みいただいた方に、個別にイベントの詳細情報をお送りいたします。
https://goo.gl/forms/CopbVPDg0vntSRMD3
※定員になり次第締め切ります。早めの申し込みをお勧めします。また、22日(土)当日のお申し込みは保険の関係上受付できません。

 

プログラム

▼11:00 熱海駅で待ち合わせ!改札口で遠山ひろしが目印を持って立っています

熱海_駅

「東京から遠い場所」というイメージがある伊豆半島の付け根、熱海ですが、なんと東京駅から新幹線で46分で到着!駅改札で、半島ツアーコンダクター 遠山ひろしがお待ちしています!

※現在、伊豆半島のちょっと手前、真鶴半島の訪問も調整中です。その場合でも、集合時間は11時頃の予定です。決まり次第アップデートします!

 

▼お昼 「100年後も豊かな暮らしができるまちをつくる」熱海まちあるきツアー

熱海のまちあるきツアー

恵まれた観光資源に加え、1964(昭和39)年の東海道新幹線開通以降、「全国の温泉保養地」として発展した熱海。しかし今は、毎年人口減少約1%・高齢化率42%・空き家率50.7%の全国ワースト1位!という状況。日本が抱える課題の10年以上先を行っている街なのです。

そんな熱海は今、リノベーションによるまちづくりで注目!
中心市街地の空き不動産を活用して、新しいコンテンツ、人を呼び込み、まちを再生しています。その中心メンバーの一人、熱海市出身で2007(平成19)年にUターンした市来広一郎さん。行政や地域の人、移住者が連携しながら「100年後も豊かな暮らしができるまちをつくる」ことを目指して活動されています。何が移住者をこの街にひきつけているのか、まちあるきをして、見つけてみましょう!

 

▼夕方 「naedoco」で移住の苗床を育てましょう!

コワーキングスペース&シェアオフィス「naedoco」

熱海のコワーキングスペース&シェアオフィスとして今年オープンした「naedoco」で、移住したゲストやセンパイたちと移住ワークショップをします!「naedoco」は、築60年の歴史あるビルがリノベーションによって生まれ変わった場所。熱海で仕事を作り出したい、熱海から新たなライフスタイルを発信したいというプレイヤーが生まれ、つながり、大きく育っていく拠点となるようにとの想いから「naedoco」と名付けられました。

移住した先にどんな暮らしを手にしたいのか。移住したセンパイとリアルに考えるワークショップを、みんなでテーブルを囲んで、移住の芽を探し、育てましょう!

 

▼18:00 熱海といえば温泉!

日航亭 大湯」

「日航亭 大湯」は創業1941(昭和16)年、熱海温泉本来の源泉「大湯」を楽しめる日帰り温泉です。

1200年以上前に温泉が噴き出し、江戸時代には、徳川家康がこの大湯で湯治をしたことから「出世の湯」と呼ばれるようになりました。

 

▼19:00温泉で癒された後は、移住交流食事会!

熱海で交流会

レトロな温泉からあがったあとは、「naedoco」でゲストや移住したセンパイたちと移住交流食事会!熱海の熱気にのぼせちゃいましょ!

 

▼21時以降は・・・「Guest House MARUYA」おかみによるDEEPな飲み歩きツアー!(参加自由)

ディープなスナックツアー

まだまだ終わらない、熱海の夜。「熱海にはクセになる人が多い」と自信をもっておすすめする「Guest House MARUYA」おかみが、ディープなスナックツアーに案内します。

(※ 参加希望者のみのオプショナルツアーなので、ゲストハウスに戻ってもOK!また、1日目だけ参加の方は、移住交流食事会が終わってからの解散になります。)

(※「Guest House MARUYA」について・・・http://guesthouse-maruya.jp/

 

それでは、2日目の行程を発表です!

見渡す限りの「海・山・空」の東伊豆へ

東伊豆の先っちょ

熱海のおいしい干物とお味噌汁の朝食でエネルギーチャージした後は、東伊豆へ向かいます。
伊豆半島の東側、ちょうど大島と向かい合わせの位置にある東伊豆町。町の背後には日本百名山の一つ、天城山がそびえています。

ココロココ編集部が今、注目するまちの一つである東伊豆町では「暮らし」を作る人たちに会いに行きます。

(※ 2日目からいらっしゃる方は、10:41に「伊豆稲取」駅に着く電車でお越しください。駅で待ち合わせをします。)

 

▼10:50 伊豆稲取駅で待ち合わせをして、港の朝市へ!

東伊豆_橋場さん

「伊豆稲取」駅で私たちを待っていてくれるのは、東伊豆町に今年移住してきたばかりの橋場慶太さん。東伊豆フィールドワークの水先案内人をしてくださいます。まず向かうは、港の朝市!朝市に響く、港の暮らしの声。昔から続く日曜日の朝市は、伊豆半島中から人が集まる場。あったかい暮らしの景色を楽しみます。

 

▼12:00  東伊豆のコミュニティの拠点「ダイロクキッチン」

東伊豆_ダイロクキッチン

「ダイロクキッチン」は、使われなくなった消防団器具置場をリノベーションした、シェアキッチン。海と山の幸に恵まれた伊豆稲取で「食」をテーマに町内外のひとが関わりをもてる居場所を作りたいと、大学生と地域の方が手作りしました。

さっそく、港の朝市で買ってきた地元の名産と七輪で、贅沢なひもの大会の昼食です!

 

▼13:00  大学生の東伊豆「空家改修プロジェクト」のインタビュー!

東伊豆_空き家改修

「魅力溢れた場所だからこそ、今ある資源を大切にしていきたい。」と東伊豆に惚れ込んで、2014(平成26)年から空家改修をしている大学生たちがいます。
芝浦工業大学の学生プロジェクト団体「空き家改修プロジェクト」は今、静岡県東伊豆町の稲取港で、船のチケット売り場の改修に取り組んでいます。実はダイロクキッチンも、彼らのプロジェックトによって改修された建物なのです。

改修中の大学生たちに、どんな思いでこの東伊豆に来ているのか、みんなでインタビューをしてみましょう。

 

▼14:00 伊豆半島の東の先っちょ移住トーク!

東伊豆町地域おこし協力隊の野口さん、荒武さん

インタビュー終了後は、伊豆半島に移住したセンパイとの、移住トーク!
地域おこし協力隊の野口よし紀さん、「空き家改修プロジェクト」で活動された芝浦工業大学の卒業生、荒武優希さん、今年移住してきたばかりの橋場慶太さんと、リアルな移住についてディープな話をしていきます。3人の、リアルな半島暮らしを、じっくり聞いてみましょう。

 

▼15:00 移住をお試し!?リアルに暮らせるトライアルステイ訪問

higasiizu

最後に行くのは、東伊豆町のお試し移住体験施設。橋場さんもここに滞在し、東伊豆の暮らしを体験することで、どんどん東伊豆が好きになって移住を決断しました。

最後の最後にこんなステキな家を見ちゃったら、そのまま予約してしまいそう!

 

▼15:30 「伊豆稲取」駅で解散。さようなら、伊豆半島。

熱い2日間を終え、伊豆半島の「居」コミュニティ、「職」はたらく、「住」暮らす を参加者全員で振り返りながら、帰路につきます。

どこまでもリアルを追求する、「半島の先っちょで、移住をさけぶ。」伊豆半島ツアー。お楽しみに!!

※上記は、現在計画中の内容です。当日までの調整や、当日の状況により、新しく追加したり残念ながら実施できなくなる可能性もありますので、ご了承くださいね。

 

————————–

【企画・進行】

ココロコラボ 遠山 ひろし/齋藤 はるか/戸田 敦也

【お問い合わせ】
株式会社ココロマチ  担当:齋藤
(電話)03-6432-4185 /cocolococo@cocolomachi.co.jp

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ココロココ編集部

ココロココ編集部cocolococo

ココロココでは、「地方と都市をつなぐ・つたえる」をコンセプトに、移住や交流のきっかけとなるコミュニティや体験、実際に移住して活躍されている方などをご紹介しています! 移住・交流を考える「ローカルシフト」イベントも定期的に開催。
目指すのは、「モノとおカネの交換」ではなく、「ココロとココロの交換」により、豊かな関係性を増やしていくこと。
東京の編集部ではありますが、常に「ローカル」を考えています。

NEW ARTICLE新着記事

POPULAR ARTICLE人気の記事