おおいた暮らし塾 in大阪

0

1月27日(日)ヒルトンプラザウエストにて「おおいた暮らし塾in大阪」を開催します!

今回の「おおいた暮らし塾in大阪」は初開催の“仕事特集”です。杵築市(きつきし)・国東市(くにさきし)に事業所などがある4社が、会社概要や仕事内容などについてお話いたします。また、個別相談では企業の担当者と直接お話いただけます! 国東市と杵築市の暮らしの紹介や大分県全体の移住のご相談も承ります。ぜひご参加ください。

杵築市城下町

“サンドイッチ型”とも呼ばれる杵築市の城下町

個別相談はご予約優先なので、興味のある方は事前にご予約ください!
※個別相談はお受けできる枠数に限りがあります。先着順に予約を受け付けますので、ご希望の方はお早めにご予約ください。

セミナーご参加のうえ、アンケートにご回答いただいた方には「きつき紅茶」と「国東わかめ」をセットでプレゼントします!

【おおいた暮らし塾in大阪 チラシ】

イベント概要

日時 :2019年1月27日(日)13:00~16:10(受付12:30~)
(申込締切)2019年1月25日(金)17時まで
※事前申込がなくても参加可能ですが、満席の場合は事前に申込された方を優先的にご案内します。
場所 :ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー8階 C会議室(大阪府大阪市北区梅田2-2-2)GoogleMap
定員 :40人
参加費:無料 お気軽にご参加ください!

参加企業紹介

BXケンセイ株式会社
杵築市に工場が立地。文化シヤッター(株)グループ企業。
・業種:金属製建具(スチールドア・カームスライダー枠他)の製造等
株式会社ダイレクトマーケティンググループ
杵築市にコールセンターあり。大阪市本社。
・業種:通信販売コンサルティング、通信販売業務全般等
株式会社京都製作所
グループ会社である(株)京製メックは(株)京都製作所の主力製品を開発・生産している国東市の企業。
・業種:包装・荷造機械製造等
パスカル大分株式会社
国東市に生産拠点が立地。兵庫県伊丹市本社。FA機器製造メーカー。国家資格取得を目指せる。
・業種:ファクトリーオートメーション機器およびシステムの製造等

両子寺

国東市にある「両子寺(ふたごじ)」

プログラム

◆セミナー 13:00~14:40
  ・企業紹介・仕事紹介
  ・大分県全体や杵築市、国東市の紹介

◆個別相談会 14:50~16:10(1相談20分程度)
※相談会の時間帯は下記の4枠(各20分間)です。
①14:50~15:10
②15:10~15:30
③15:30~15:50
④15:50~16:10
*個別相談は下記合計7ブースで承ります。
・移住全般
・杵築市
・国東市
・企業ブース:BXケンセイ(株)
      (株)ダイレクトマーケティンググループ
      (株)京都製作所
      パスカル大分(株)
お申し込み時にご希望のブースをご予約ください。
*各ブースで担当者が異なりますので、同時刻に複数のご相談お申込みは対応しかねますのでご了承ください。

お問い合わせ・お申込み

下記問い合わせ先の電話・FAXまたはメールでお申し込みください。

FAXでの申し込みの方は申込書をダウンロードしてください⇒1月27日「おおいた暮らし塾in大阪」参加申込書

ご予約・お問合せ先
大分県大阪事務所(担当:坂本・片平)
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目1番3-2100
TEL:06-6345-0071(平日8:30~17:15) FAX:06-6345-0122
メール:pu1010205@pref.oita.jp
*年末年始休業期間:平成30年12月29日(土)~平成31年1月3日(木)
休業期間中のメール・FAXによるお問い合わせは平成31年1月7日(月)以降順次対応致します。

「おおいた暮らし塾in大阪」イベントページ:http://iju-oita-kansai.jp/

当日の緊急連絡先
*当日のお問合せは携帯電話:090-1959-2332へご連絡ください。
(1月27日(日)12時~16時のみ使用できます。通常のお問合せは大分県大阪事務所電話番号またはメールへご連絡ください)

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連情報

「おおいた暮らし塾in大阪」のFacebook始めました。
ぜひご覧ください♪ https://www.facebook.com/iju.oita.kansai/

ココロココ編集部

ココロココ編集部cocolococo

ココロココでは、「地方と都市をつなぐ・つたえる」をコンセプトに、移住や交流のきっかけとなるコミュニティや体験、実際に移住して活躍されている方などをご紹介しています! 移住・交流を考える「ローカルシフト」イベントも定期的に開催。
目指すのは、「モノとおカネの交換」ではなく、「ココロとココロの交換」により、豊かな関係性を増やしていくこと。
東京の編集部ではありますが、常に「ローカル」を考えています。

NEW ARTICLE新着記事

POPULAR ARTICLE人気の記事