竹の家をナタ1本で作る!南房総バンブーハウスづくり体験【イベントレポート】

1

2018年1月に南房総市にて開催された「日本でタイの竹の家を建てる-タイ武者修行の日本実習」。タイで実際に作られ、使われている竹の家を、3日間のワークショップで作るイベントに参加してきました。
今回は、骨組みと床を作る前編。当日の様子をレポートします!

南房総でタイのバンブーハウスづくり!

「家」を自分で作ることができたら、暮らしの選択肢が広がりそうですよね。なにしろ自分だけの秘密基地のようでわくわくします。タイで作られ使われているという竹の家は、大掛かりな装置は必要なし、ナタ1本で作ることができるという。今回、そのバンブーハウス作りを体験できるイベントが南房総市で開催されました。

主催は「ナリワイ」の伊藤洋志さん。タイに行き、バンブーハウスづくりを学び、実際に建てる「タイ武者修行ツアー」と称したツアー運営に携わっています。日本国内で開催するのは、今回が初めてとのこと。講師は伊藤さんの他、武者修行メンバーの武者さんたち数名の豪華メンバーでした。

3日間のイベントでしたが、2日目に参加しました。東京駅から高速バスに乗車し、「道の駅富楽里とみやま」で下車します。そこから車で数十分の場所にある「ヤマハナウス」へ。ヤマナハウスは、都心に住む人々が2拠点生活の起点として江戸時代から続く古民家を改装、場づくりを行うシェア里山です。

竹の家づくりin南房総

ヤマナハウスの様子。すっかり里山風景。房総は東京から一番近い里山と言われています。

到着した時は、ちょうど家の支柱を建てるところでした。掘った穴に支柱となる竹を入れて、高さを調整します。軸となる竹には穴をあけ、横から土台になる竹を挿します。横軸となる竹を通すため、水平かどうか確認します。細かく計測したりはせずに、遠くからの目視で決めていく。一見、超アバウトに見えますが、「バランス感覚」が試されているのかもしれません。タイ人、すごいなあ。

竹の家づくりin南房総

達人たちの手際をしげしげと見ていた2日目参加組でしたが、そろそろ作業を、ということで、竹の切り出しスタート!です。

伊藤さんから竹の切り方を教わります。ナタは片手に持ち、勢いよく振り落とす。上から数回振り下ろし、さらに下から振り上げ、削っていきます。反対側からも同じように切り、そうするとぐらぐらしてくるので、竹を倒します。
ナタが竹に当たるカンカンという音、ナタを勢い良く振り落とす動作、ザクザクと切れていく竹。とっても楽しそう、早くやってみたい!という気持ちに。やったるぞーと意気込みつつ、ナタをふるい始めます。

意外に竹は固く、なかなか倒れてくれません。10~15分は格闘したでしょうか、いよいよ竹が倒れました!爽快!倒れる時は、周囲の人に呼びかけて、当たらないように気をつけます。

倒れた竹の枝を切り落とし、綺麗にしていきます。節はかなり固いので、上から切るとナタの刃を痛めてしまうこともあるそうで、下から切り落とします。

黙々と竹を刈り取ります。全員で20本は刈ったでしょうか。時々、溜まった竹をバンブーハウスの建築場所に運びます。

竹の家づくりin南房総

「かぐや姫、自ら竹運ぶ」という恐れ多いタイトルをいただく。

ヤマナハウス周辺のふきのとう

ヤマナハウスの近くにはふきのとうが!1月後半でまだまだ寒いのですが、春はもうすぐそこ。気温以外で四季の訪れを感じさせてもらえる。

竹もたくさん刈れたので、バンブーハウスづくりに合流します。骨組みが完成していました!ぐっと家らしくなっています。

竹の家づくりin南房総

次は竹の床作り。竹の床は、ナタで細かく筋を入れていきます。くるくる回しながら、細かく切れ目を入れていくので、地味に大変な作業。大人4人で交代しながら、黙々と竹と対峙します。全体に筋を入れられたら、竹を割ります。すると不思議、くるりと竹が開きじゅうたんのような床ができました。

竹の家づくりin南房総

床、誕生!

竹の家づくりin南房総

日も落ちてすっかり暗くなってしまったので、2日目の作業は終了です。夜はヤマナハウスにて里山バーが開かれ、楽しい交流の時間を過ごしました。すっかり利き腕が筋肉痛になってしまいましたが、充実感と達成感の余韻に浸りながら、ヤマナハウスを後にしました。

3日目には床も完成し、ますます家らしくなっていたそうです!

竹の家づくりin南房総

こちらが3日目の様子。見晴らしがとっても良さそう!

4月には屋根編も開催されるとか!参加者の基本技術習得のため、ベンチ作りも行うようですよ。興味のある方はぜひ!
「日本でタイの竹の家を建てる―屋根編」イベントページへ

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ココロココ編集部

ココロココ編集部cocolococo

ココロココでは、「地方と都市をつなぐ・つたえる」をコンセプトに、移住や交流のきっかけとなるコミュニティや体験、実際に移住して活躍されている方などをご紹介しています! 移住・交流を考える「ローカルシフト」イベントも定期的に開催。
目指すのは、「モノとおカネの交換」ではなく、「ココロとココロの交換」により、豊かな関係性を増やしていくこと。
東京の編集部ではありますが、常に「ローカル」を考えています。

RELATED関連記事

NEW

POPULAR ARTICLE人気の記事