里海里山が育んだ酒の集積地!「奥能登の酒プロジェクト」を支える人たち(前編)

49

石川県の能登は、日本4大杜氏の一つである「能登杜氏(のととうじ)」を有する有名な酒どころの一つ。しかも日本酒だけでなくワインやビール、焼酎もつくられている、全国でも珍しい酒づくりの密集地なのです。今回は前編・後編の2回にわたり、奥能登の酒づくりを支える人たちの取り組みについてご紹介したいと思います。

「奥能登」ってどんなところ?

能登半島は石川県北部にある日本海側に突き出た半島。豊かな生態系や自然環境が残る「里海里山」が集約された地域で、伝統的な農林漁法や工芸、食文化が息づいています。2011年6月には日本で初となる世界農業遺産に認定。さらに「のと里山空港」ができたことにより、羽田空港から約1時間でアクセスが可能になりました。

奥能登の風景

「奥能登」は輪島市・珠洲(すず)市・能登町・穴水(あなみず)町の2市2町を指す、能登半島最北部の地域。日本酒だけでなく、焼酎、ワイン、ビールの企業が、このエリアだけでなんと15社もあるのです。小さな地域のなかでこれほど密集しているところは大変珍しく、全国各地からお酒を求めて幅広い世代の観光客が足を運んでいます。

奥能登の酒の魅力を発信する「奥能登の酒プロジェクト」

近年、人口減少や高齢化が進行している奥能登。地域の活性化や交流人口の拡大を目指し、奥能登の食文化や観光資源を活用した事業を生み出す「奥能登ウェルカムプロジェクト」が2007年にスタートしました。

能登丼

能登産の食材や器を使った「能登丼」もこのプロジェクトから誕生しました

その一環として、 “お酒”をキーワードに奥能登の魅力を発信したいと立ち上がったのが「奥能登の酒プロジェクト」。酒づくりに関わる15社が連携し、さまざまな取り組みを行っています。

世代交代、移住者……個性豊かな若者がリード

今回はちょうど「奥能登の酒プロジェクト」の会議が行われているということで、少しお邪魔させていただくことに。中をのぞいてみると……メンバーそれぞれが意見をかわし、和やかな雰囲気のなか、会議が進んでいきます。

奥能登の酒プロジェクトの会議風景

会議中も笑いが絶えず、何とも楽しそう!

同業種はいわばライバル。しかし、奥能登では酒類の垣根を越えて各社が強い連携で結ばれています。そのきっかけとなったのは2007年3月の能登半島地震。新酒ができたばかりの時期に起こった地震は奥能登全体に大きなダメージを与え、壊滅的な被害を被った酒蔵も。しかし、蔵から酒を運び出す作業を手伝ったり、他社の新酒を預かって瓶詰めを引き受けたりと、地域の酒蔵全体で協力し合うことで危機を乗り越えました。

さらに、ここ数年で奥能登の酒蔵は世代交代が進み、20~30代の若者が事業の中心となってリードしています。会議に参加しているメンバーも若い世代の多いこと!

その一人、「奥能登の酒プロジェクト」のリーダーが、数馬嘉一郎(かずま・かいちろう)さん。なんと24歳の時に、140年以上の歴史を持つ数馬酒造の代表取締役に就任し、日本酒業界の風雲児として注目を集めています。

数馬さん

当時業界最年少で社長となった数馬さん(写真中央)。場を盛り上げる軽やかなトークでみんなが笑顔に

また、奥能登の里海里山に惹かれ、酒造り・ワイン造りを志した県外からのメンバーもプロジェクトを盛り上げる追い風になっています。

奥能登を周遊できる酒蔵めぐり

能登半島は、かつては海の底だったと言われ、その大地にはミネラル等の栄養成分が豊富に含まれていることから、古くから美味しいお酒が造られてきました。今でこそ、奥能登の酒の魅力は内外に知られるようになりましたが、数年前までは地元の飲食店でさえ、お酒のメニューには「日本酒」としか書かれておらず、地元のお酒をしっかりアピールできていない状況だったそう。

「奥能登の酒プロジェクト」では、「奥能登乾杯めぐり」と題したパンフレットやホームページを作成。15カ所の酒蔵スポットを紹介し、各店舗のおすすめの1本も掲載しています。

15社15酒

1枚に奥能登の15社15酒の魅力がぎゅっと詰まった「奥能登乾杯めぐり」は観光客に大人気

さらに、訪れた県外の観光客に奥能登のお酒を知ってもらうために、能登の玄関口「のと里山空港」や観光客が多く集まる金沢市内で、全15社の日本酒・ワイン・ビール・焼酎を試飲できる催しも行いました。お気に入りの1本を見つけ、試飲後に早速購入されるお客様がいたり、地元の方からも奥能登の酒造メーカーの多さに驚いた、といった声をいただきました。

イベント風景

日本酒、ビール、ワイン、焼酎とさまざまな種類が楽しめるのが奥能登の良いところ

2019年10月には、奥能登の日本酒・ワイン・ビール・焼酎の15社50種類のお酒を飲み比べできるイベント「奥能登Bar」を開催。つくり手と語り合いながら、ふぐをはじめとした奥能登のうまうまおつまみとともに奥能登のお酒を楽しみました。

奥能登Bar

輪島で開催された「奥能登Bar」は満員御礼!

着実に認知度が高まりつつある奥能登のお酒。もっと多くの方に奥能登の酒の魅力を知ってもらうために、一般の方を対象にした勉強会「酒塾」を通して知識の底上げを図ったり、県内外のイベントに出店したりと、様々な企画を実行していきます。

奥能登塾

一般の方を対象にした「奥能登塾」ではつくり手によるレクチャーも

後編では奥能登のお酒に人一倍熱い想いを持つ「奥能登の酒プロジェクト」のメンバーをご紹介します。どうぞお楽しみに!

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連情報

奥能登の情報サイト「うぇるかむ奥能登」http://www.okunoto-ishikawa.net/

【イベント情報】半島サミット開催!~里山でも島でもない新しい選択肢「半島暮らし」~ https://cocolococo.jp/topics/29483

奥能登ウェルカムプロジェクト推進協議会事務局

地域の活性化や交流人口の拡大を目指し、奥能登の食文化や観光資源を活用した事業を生み出す「奥能登ウェルカムプロジェクト」。2007年にスタート。

奥能登の情報サイト「うぇるかむ奥能登」http://www.okunoto-ishikawa.net/


MAP

読み込み中
石原藍

石原藍ISHIHARA-Ai

大阪府豊中市出身。フリーランスライター兼プランナー。 大阪、東京、名古屋と都市部での暮らしを経て、現在は縁もゆかりもない「福井」での生活を満喫中。「興味のあることは何でもやり、面白そうな人にはどこにでも会いに行く」をモットーに、自然にやさしく、自分にとっても心地よい生き方、働き方を模索しています。趣味はキャンプと切り絵と古民家観察。

RELATED関連記事

POPULAR ARTICLE人気の記事