有機農業の里、島根県吉賀町で覚悟を持って地域課題に取組みたい人募集!

99

島根県吉賀町では、「自然」と「人」と「産業」を基盤とし、魅力と活力に満ちて暮らせるまちづくりを進めるため、「地域おこし協力隊」を下記のとおり募集します。

「吉賀町ってどんなところ?」「協力隊になったらどんな人と仕事をするの?」というのが気になる方は、
☞【地域コラム】中国山地に抱かれた、有機の里「吉賀町」
もご覧ください!

募集対象

  1. 3大都市圏をはじめとする都市地域等(※注1)にお住まいで、吉賀町に住所を移し、居住できる方。
    (地域要件の詳細については、お問い合わせください。)
    ※注1 次の①~⑦のいずれかの対象地域・指定地域を有する市町村に該当しない市町村。ただし、一部条件不利地域のうち条件不利区域以外の区域の場合は募集対象地域とする。
    ①過疎地域自立促進特別措置法(みなし過疎、一部過疎を含む)②山村振興法  ③離島振興法
    ④半島振興法 ⑤奄美群島振興開発特別措置法 ⑥小笠原諸島振興開発特別措置法 ⑦沖縄振興特別措置法
  2. 年齢は問いません。(ただし、事業の趣旨から、将来担い手となる方を優先します。)
  3. 普通自動車運転免許を取得している方。(AT限定免許の方については、業務によって限定解除を行ってもらう場合もあります。費用は町で負担します。)
  4. パソコンの操作ができる方。(ワード・エクセルなど)
  5. 心身ともに健康で、積極的に関係者、地域住民と協力しながら活動に取り組める方。
  6. 任期終了後においても、引き続き吉賀町に定住する意欲がある方。
    ※上記の他、活動内容により個別要件があります。

各業務の概要、配置先、募集人数

■地域ブランド化推進員(募集人数:1名 配置先:吉賀町役場産業課)

  • 吉賀町の食を中心とした地域ブランド化の推進に向けた活動
    1)農産物生産者、農産加工者、流通販売事業者の連携促進に関する活動
    (情報収集、発信、助言、調整など)
    2)地域ブランド化に向けた推進組織の連携に関する活動
    3)販路拡大、PRに関する活動
    4)農産加工品の開発支援、品質向上に関する活動
    個別要件:・食品加工に関する知識(食に関する資格または従事経験)を有する方

■産直販売促進研修員(募集人数:1名 配置先:吉賀町農業公社(産直物産館やくろ))

  • 産地直売所における農産物や加工品、工芸品の販売促進に向けた活動
    1)産直・物産館やくろを中心とした集客、販売の促進
    2)集出荷をはじめとする流通促進
    3)道の駅むいかいち温泉におけるイベント協力、運営
    4)産直・物産館やくろの情報発信
    個別要件:・土日及び祝祭日の出勤(行事参加など)に対応できる方・任期終了後、産地直売所で就労する意思のある方

■椎茸生産促進研修員(募集人数:2名 配置先:株式会社エポックかきのきむら)

  • 吉賀町の特産品である椎茸(主に菌床椎茸)の生産量の向上に向けた活動
    1)椎茸生産施設における生産支援と技術向上活動
    2)椎茸集出荷施設における支援活動
    3)菌床製造に関する支援活動
    4)椎茸生産による所得の向上に関する活動
    個別要件:・土日及び祝祭日や夜間の出勤(生産最盛期の収穫など)に対応できる方・任期終了後、椎茸生産に従事する意思のある方

 

共通業務及び活動

業務は、配置先により異なりますので、2.各業務の概要、配置先、募集人数で、各業務内容を必ずご確認ください。 なお、共通する業務及び活動は次のとおりです。

  1. 地域おこしの提案と実践
  2. 協力隊員同士の連携・協働活動
  3. 地域活動への参加及び参画(自治会活動、イベントなど)
  4. 配置先との連携・協力
  5. 連絡会議・研修会・成果報告会などへの参加
  6. その他、目的達成に資する活動

身分

吉賀町嘱託職員

委嘱期間

委嘱の日から1年(最大3年まで延長可)

勤務日数、勤務時間、勤務日、休暇

  1. 勤務日数、勤務時間
    標準の勤務日数は1ヶ月あたり16日、勤務時間は1日あたり7時間45分とします。
  2. 勤務日
    月曜日から金曜日までのうち4日間を原則(※注2)とします。ただし、業務及び活動状況を考慮し、1週間の範囲において勤務日を振り替えることができます。
    ※注2 業務により、休日の設定が異なります。
  3. 休暇
    吉賀町非常勤嘱託職員に関する規程によります。

報酬等

報酬及び社会保険等の条件は以下のとおりです。その他の条件は、吉賀町非常勤嘱託職員に関する規程によります。

  1. 報酬日額:10,000円(※注3)(併せて通勤手当相当分の報酬があります。)
    ※注3 地域ブランド化推進員については、所有資格により報酬日額の加算があります。
  2. 付加報酬:時間外勤務手当
  3. 社会保険等:厚生年金、健康保険、雇用保険

待遇・福利厚生

  1. 住居は、町で確保した住宅に入居いただきます。借上げ料は町が負担します。(生活用品や光熱水費等は自己負担となります。)
  2. 業務に必要な物品等については、町の負担で用意します。(配置先の物品を使用する場合もあります。)
  3. 中学生以下の子どもがいる世帯は、吉賀町UIターン子育て支援事業補助金の交付対象となります。(Uターンの場合は5年以上町外に在住していた方に限られます。)

応募方法、審査方法

  • 応募方法
    こちらの応募フォームよりお申込ください。
  • 審査方法
    [第1次選考]応募フォーム記載内容により書類審査の上、結果を応募者全員に文書で通知します。
    [第2次選考]第1次選考合格者を対象に、吉賀町において面接試験を実施します。
    日時:7月12日(日)13:00~
    なお、応募にかかる経費(申請書類・面接)は、原則として応募者の負担となります。

募集期間

  • 地域ブランド化推進員、椎茸生産促進研修員
    平成27年5月25日から6月29日まで。
  • 産直販売促進研修員
    平成27年5月25日から6月5日まで。
    (採用状況により募集期間の更新もあります。)

その他

  • 事前に現地見学等を希望される方はご相談ください。
  • 7月11日(午後)から7月12日(午前)(第2次選考日の前日及び当日)に、町の概要や配置先の様子、業務概要などを知っていただくため、現地ツアーを行う予定です。この際には、参加にかかる経費の一部(宿泊費)を町で負担します。

お問い合わせ先

■応募に関する問い合わせ
一般社団法人 村楽
〒111-0041 東京都台東区元浅草2-10-5 901号
E-mail:yoshika.lat.entry@sonraku.org

■業務に関する問い合わせ
吉賀町役場 産業課
〒699-5301 島根県鹿足郡吉賀町柿木村柿木500-1
電話:0856-79-2213 FAX:0856-79-2344
E-mail:sangyo@town.yoshika.lg.jp

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ココロココ編集部

ココロココ編集部cocolococo

ココロココでは、「地方と都市をつなぐ・つたえる」をコンセプトに、移住や交流のきっかけとなるコミュニティや体験、実際に移住して活躍されている方などをご紹介しています! 移住・交流を考える「ローカルシフト」イベントも定期的に開催。
目指すのは、「モノとおカネの交換」ではなく、「ココロとココロの交換」により、豊かな関係性を増やしていくこと。
東京の編集部ではありますが、常に「ローカル」を考えています。

RELATED関連記事

NEW

POPULAR ARTICLE人気の記事