稲を刈りに行ったのか、ごはんを食べに行ったのか

0

ココロココ編集部の熊井です。今回は編集部恒例、岩手県遠野での稲刈りの様子をお伝えします。

岩手県遠野はうちの編集長奈良のお父さんが暮らしており、田んぼをお持ちです。その田んぼにお邪魔して、田植えや稲刈りなどをお手伝いさせてもらっています(戦力になっているのかはさておき)。 参加メンバーはいつもばらばら。編集部だけでなく、いろいろなつながりで人が集まるので自己紹介が必須!初対面の人と農作業おもしろいですよーみんな足腰が辛くなってくるので協力しますし、妙な一体感も産まれる気がします。

そして、農作業ももちろん楽しいんですが、もう1つの楽しみはおいしい田舎ごはんをたらふく食べられること!人のこと言えないですが、こっちのほうが目的になっている参加者絶対いると思っています…! それでは今年の稲刈りの様子を写真でご覧ください~(5月の田植えの様子も少しだけ)

自分たちで植えた苗が育っている!嬉しい!

実るほど頭を垂れる稲穂かな

一面の黄色の絨毯!歩けそう!(元ネタ:ナ〇シカ)

隙間なく干していくのがポイント

田植え前はこんな感じでした

必須アイテム!色も増えてきました

ここからグルメレポート!

これぞおむすび

2つに割ってスプーンでぐりぐり…秋ですなあ

近所のお母さんお手製まんじゅう。おいしいに決まってる!

近所のお母さんお手製まんじゅうは田植えのときにも。自分がおばあちゃんになったときに果たしてまんじゅうを作ってあげられるだろうか・・・

田植えの際の朝ごはん。毎度各地からの手土産が集まる

お父さんお手製トマトソースをお土産でいただいた!

という感じで、編集部の休日でした!

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊井恵

熊井恵KUMAI-Megumi

熊本県熊本市出身。WEBディレクターの経験を活かし、現在はWEBサイトをはじめとしたメディア制作の企画、ディレクションを担当。ココロココで九州の魅力をもっと伝えたいと思っています。ビール好き。

NEW ARTICLE新着記事

POPULAR ARTICLE人気の記事