ふふふカフェ『おいでよ、福島。vol.3 -地域の担い手として暮らす-』

53

このイベントは終了しました

地域おこし協力隊が語る!トークセッション&地域とつながる!交流イベント

田舎暮らしには憧れるけど、地方には「仕事がない」「やりたい事がない」と思っていませんか?
福島県内では、「地域おこし協力隊」や「復興支援員」として地域に根づき、様々な活動をナリワイとして住民とともに未来を創る「地域の担い手」たちが活躍しています。

今回のふふふカフェは『地域の担い手として暮らす』をテーマに、ふくしまの地域の担い手たちが選択した “地方での暮らし方“ や “働き方“ を紹介します。
仕事のやりがいや、楽しさを感じながら生き生きと暮らす彼らの暮らしぶりをちょっと覗いてみませんか?

当日は、福島県内から【白河市】・【喜多方市】・【国見町】・【天栄村】・【湯川村】
【小野町】・【福島県】が参加します。
地域おこし協力隊や自治体の担当者に、町の事、暮らしの事、仕事の事など、何でも聞いてみてください。
暮らしに関する展示や、地域おこし協力隊の募集情報紹介ブースもあります!

地域おこし協力隊のトークセッションでは、
■ここが良いよ!田舎暮らし。
■ここが困った!田舎暮らし。
■ぶっちゃけ田舎の生活事情!
のテーマで、都内生活経験者の協力隊二名が、過去と現在の暮らしを比較しながら赤裸々にお話しします。

担い手たちとの交流やトークセッションを通して、理想のライフスタイルを考え、地域とつながりませんか?
福島県に興味のある方、地域の担い手に興味のある方は、お気軽にご参加ください!飲み物やお菓子をご用意して、お待ちしております。

イベント概要

イベントチラシ

日程 :2017年10月27日(金)
時間 :19:00~20:30
会場 :fabbit京橋
住所 :東京都中央区京橋1丁目1-5 セントラルビル2階
参加費:無料
定員 :なし
主催 :福島県企画調整部地域振興課
共催 :一般社団法人ふくしま連携復興センター

こんな方におすすめです!

・地方での暮らし、仕事に興味のある方
・地域に根ざした活動に興味のある方
・農業、ものづくり、地域づくりに興味のある方
・福島県内へのUIJターンを考えている方
・地域おこし協力隊・復興支援員に興味のある方

ゲスト

喜多方市地域おこし協力隊 石島 来太さん
1991年長野県上田市生まれ。
福島大学を卒業後、2017年4月から喜多方市の地域おこし協力隊として着任。 棚田で町おこしを行う「事業コーディネーター」として活動を行う。日本酒と地域の母ちゃん達の料理が大好き!薪割が趣味の自然派男子。

小野町地域おこし協力隊 菅原 守さん
1991年東京都練馬区生まれ。
2016年10月から小野町の地域おこし協力隊として着任。活動内容は町の情報発信を担当。小冊子やチラシ、看板、ロゴなどのデザインを手掛ける。
前職は都内の企業でコピーライターをしていた文化系男子。

タイムスケジュール

18:30 受付開始
19:00 オープニング・ガイダンス
19:15 地域おこし協力隊によるトークセッション
19:40 交流タイム(参加自治体・地域の担い手との自由相談)
20:20 クロージング(アンケート記入)
20:30 終了

お申込み

参加申込み:申込みフォーム
★事前申し込み先着20名様に「ふくしまのオリジナル雑貨」をプレゼント!

問合せ先

一般社団法人ふくしま連携復興センター(担当:復興創生専門員)
電話 :024-573-2732
メール:fss@f-renpuku.org

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連情報

ふくしまで働く-地域の担い手-
ふくしまの地域の担い手facebook
ココロココ編集部

ココロココ編集部cocolococo

ココロココでは、「地方と都市をつなぐ・つたえる」をコンセプトに、移住や交流のきっかけとなるコミュニティや体験、実際に移住して活躍されている方などをご紹介しています! 移住・交流を考える「ローカルシフト」イベントも定期的に開催。
目指すのは、「モノとおカネの交換」ではなく、「ココロとココロの交換」により、豊かな関係性を増やしていくこと。
東京の編集部ではありますが、常に「ローカル」を考えています。

NEW ARTICLE新着記事

POPULAR ARTICLE人気の記事