ひさしぶりのリアル開催!まきまき花巻ライター講習会

0

このイベントは終了しました

岩手県花巻市は、2017年3月に花巻の魅力や情報を発信するローカルメディア「まきまき花巻」を立ち上げました。「まきまき花巻」最大の特徴は、花巻市民や花巻市を好きな方々(=市民ライター)によって、記事が執筆され、花巻の魅力が発信されていく点です。単なる観光情報ではない、人の想いとともに発信された花巻の魅力を感じることができます。

これまでに、市民ライターの育成講座や地元の高校生が花巻の魅力を発信する講座などを行い、現在ではライターも約60名ほどになりました。

年に数回実施してきたライター向けの講座や交流会も、コロナ禍により最近はオンライン開催が中心でしたが、今回は久しぶりに、co-ba花巻でのリアル開催を予定しています!

まきまき花巻のこれまでのあゆみや記事を振り返るとともに、あらためて記事の書き方やツールの使い方などについて、ライターと編集部とが顔を合わせてやりとりできる場としたいと考えています。

すでにライター登録している方を対象としていますが、「これからライター登録したい人」「ライターに興味があるが迷っている人」なども、ぜひお気軽にご参加ください。

◆まきまき花巻:http://makimaki-hanamaki.com/
◆まきまき花巻Facebook:https://www.facebook.com/makimakihanamaki/
◆これまでの花巻市の取り組み:http://cocolococo.jp/15951

イベント概要

日 時:12月4日(土)14:00~16:30
第1部 14:00~15:00 まきまき花巻の振り返り
第2部 15:00~16:30 新規ライター向け基本講習会(記事の書き方・ツールの使い方)

場 所:co-ba花巻(岩手県花巻市大通り1丁目4−14 小友ビル4F)
参加費:無料
定 員:20名(※既存ライターの方には、別途メールにてご招待いたします。)
主 催:花巻市
運 営:株式会社ココロマチ(ココロココ編集部)

スケジュール

13:30  開場
14:00  【第1部】まきまき花巻のふりかえり
    アクセス分析から分かる傾向(ココロマチ)
    まきまき花巻が起こした変化(花巻市)
14:40~ 質問・意見交換
14:55~ まとめ ※第1部のみの方はここまで
15:00~ 【第2部】新規ライター向け基本講習会(塩野)
16:20  クロージング、終了

講師紹介

塩野 夕子先生

元花巻市地域おこし協力隊シティプロモーション担当。1984年新潟県生まれ、埼玉県育ち。専門学校卒業後、ショップ店員などの職に勤める。20代前半に花巻市出身の宮沢賢治に惹かれ、様々な角度から作品を読み深める。2018年岩手県花巻市に移住し、花巻市の情報発信サイト「まきまき花巻」の編集部兼市民ライターとして活動。2020年9月に花巻市大迫町の一軒家に引越し、「賢治文庫」として自宅の一部を解放。“花巻で暮らす移住者の賢治ファン”として情報発信をしたり、 ファン同士の交流の場を作ったりしている。 協力隊任期終了後は、宮沢賢治記念館に勤めながら、まきまき花巻編集部の仕事も続けている。

塩野さんの記事(まきまき花巻)
https://makimaki-hanamaki.com/author-list/gomashio
賢治文庫
https://www.facebook.com/gomashio17/

申し込み方法

下記の申込フォームに、必要事項をご記入の上、お申込みください。

申込フォーム

お問い合わせ

ココロココ編集部(株式会社ココロマチ内)

TEL:03-64324185/E-mail:cocolococo@cocolomachi.co.jp

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ココロココ編集部

ココロココ編集部cocolococo

ココロココでは、「地方と都市をつなぐ・つたえる」をコンセプトに、移住や交流のきっかけとなるコミュニティや体験、実際に移住して活躍されている方などをご紹介しています! 移住・交流を考える「ローカルシフト」イベントも定期的に開催。
目指すのは、「モノとおカネの交換」ではなく、「ココロとココロの交換」により、豊かな関係性を増やしていくこと。
東京の編集部ではありますが、常に「ローカル」を考えています。

NEW ARTICLE新着記事

POPULAR ARTICLE人気の記事