場づくりの学校 VOL3 木次桜を味わいながら、未来をデザインする

0

このイベントは終了しました

美味しい日本酒を飲みながら、未来をデザインしませんか。

いよいよ、来年度から、物件も決まり、場づくりが始まっていきます。
その前に、島根県雲南市の見事な木次の桜をみながら、物件となる古民家と、地域のみなさんと、美味しい日本酒を飲みながら、未来をデザインしませんか。

今回の場づくりの学校のテーマは、『地域との交流』をテーマにしています。
エネルギーある、場を生み出すためには、建物の外観や、ソフトを設計するだけでは、絶対に生まれないとわたしたちは考えています。

地域と一緒に、まじわりながら、バカを言いながら、楽しみにながら、作る場所に、これからいろんな思いが集まるように、第三回は、桜をみながら、ドリンクミーティングです。

ぜひみんなで、見事な木次桜を見ながら、雲南の、自分の地域の未来をかたらいませんか?

名称
場づくりの学校 VOL3 木次桜を味わいながら、未来をデザインする
開催場所
島根県雲南市木次町木次29
開催日時
2014年4月5日(土)お昼頃~4月6日(日)15:00まで
 
スケジュール
1日目
昼集合:ランチミーティング
宴会準備:おもてなしを考える
18:30:地元住民のみなさんと花見スタート
そのまま楽しく飲んで、語らう。
21:00:解散予定

2日目
朝:さくら散歩(ワークショップ:昨日の気づきと振り返りをシェア)
12:00:ランチ
その後は、物件をあらためて、チェック、次回にむけた設計準備。
15:00 解散
 
他地域から
の参加者
場のデザイン

福岡から
須賀大介(株式会社スマートデザインアソシエーション)

鎌倉から
住吉優(村式株式会社)

東京から
鈴木あゆみ(株式会社スマートデザインアソシエーション)
 
WEBサイト
https://www.facebook.com/events/231295000392488/

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ココロココ編集部

ココロココ編集部cocolococo

ココロココでは、「地方と都市をつなぐ・つたえる」をコンセプトに、移住や交流のきっかけとなるコミュニティや体験、実際に移住して活躍されている方などをご紹介しています! 移住・交流を考える「ローカルシフト」イベントも定期的に開催。
目指すのは、「モノとおカネの交換」ではなく、「ココロとココロの交換」により、豊かな関係性を増やしていくこと。
東京の編集部ではありますが、常に「ローカル」を考えています。

NEW ARTICLE新着記事

POPULAR ARTICLE人気の記事