いつか田舎で暮らしたい…? いすみ市に移住した3人がみんなの質問に答え、みんなで考えるワークショップ

0

このイベントは終了しました

「いつか、いなかで暮らしたい人のためのワークショップ」を開催!

憧れのいなか暮らし。実際のところどうなんだろう? そんな素朴な疑問に、東京からいすみ市に移住したの3人の移住者が答えます。

1人目は、2012年にいすみ市に移住して都市と農村を結ぶ様々な取り組みを行っている石川良樹さん。2人目は、2011年に移住をし、NPO法人いすみライフスタイル研究所スタッフでもあり、古民家シェアハウス星空の家の管理人でもある三星千絵さん、そしてNPOグリーンズ代表の鈴木菜央さん。(イベント主催)

千葉県いすみ市の魅力や、実際に移住をしてみてどうだったか、都会暮らしといなか暮らしの違いなど、ざっくばらんにお話しします。

さらに、参加者の皆さんとワークショップを行い、それぞれの今の思いや、抱えていること、漠然としたイメージなど、気になるあれこれを一緒に考えながら「いつか」に向けてのきっかけづくりのお手伝いします。

・「いつか」が「今」に変わった瞬間は?
・「いつか」に向けて、今できることは?
・都会でできること、いなかでできることは? などなど

「いなか暮らし」「田舎とつながった暮らし」について、私たちと一緒に考えてみませんか?

イベント概要

日時
2014年4月17日(木)19:30~22:00(19:00開場)
ゲストスピーカー
石川良樹
三星千絵
鈴木菜央(グリーンズ代表)
定員
限定25名(先着順)
参加費
1,500円(1ドリンク、書籍なし)
2,300円(1ドリンク、軽食付)+サイン入り書籍「『ほしい未来』は自分の手でつくる」(定価882円)

※ 2杯目からはキャッシュオンで注文いただけます
※ 参加費とのセットで購入すると、書籍が10%OFFです
※ 書籍のみの郵送は原則として行っておりません。必ず会場でお受け取りいただけますようご協力お願いいたします
※ 会場でもグリーンズの書籍を販売しています

参加方法
詳細ページ下部より申し込み
会場
東京都港区愛宕1-2-1(google Mapsリンク
Webサイト
http://greenz.jp/2014/03/22/inakagurasi_isumi3/


大きな地図で見る

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ココロココ編集部

ココロココ編集部cocolococo

ココロココでは、「地方と都市をつなぐ・つたえる」をコンセプトに、移住や交流のきっかけとなるコミュニティや体験、実際に移住して活躍されている方などをご紹介しています! 移住・交流を考える「ローカルシフト」イベントも定期的に開催。
目指すのは、「モノとおカネの交換」ではなく、「ココロとココロの交換」により、豊かな関係性を増やしていくこと。
東京の編集部ではありますが、常に「ローカル」を考えています。

NEW ARTICLE新着記事

POPULAR ARTICLE人気の記事