記事検索
HOME > イベント開催情報 > プロジェクト > ローカルメディア >
開催日:2024.8.9-2025.1.10

【7月27日締切】「ひたちなかBRIDGEプロジェクト 2024」参加学生、募集!

茨城県ひたちなか市と、人材育成プログラムを展開する常陸frogs、地域プロモーション・ローカルメディア運営を行う株式会社ココロマチが協働で実施する、まちづくりや地域活性化に関心のある学生のための地域インターンプログラム『ひたちなかBRIDGEプロジェクト』。

ひたちなか市出身の学生と、ひたちなか市外出身の学生がチームを組み、サステナブルな関係づくり・まちづくりに積極的に取り組む地元企業や地域のキーパーソンに伴走してもらいながら、ひたちなか市の課題解決プロジェクトの立案&実践に挑みます。

地域創生/地域活性化/まちづくりの実践経験を積みたい、地方へのUIJターンや、ローカル企業への就職を考えている、ローカルキャリアの参考になるようなロールモデルと出逢い、つながりたいというあなた!ひたちなか市で一歩踏み出してみませんか?

応募締切は7月27日(土)まで!
※応募状況により、予告なく早まる場合がございます※

過去のインターンの様子やより詳細な情報については

→こちら(地域インターンプログラム「ひたちなかBRIDGEプロジェクト2024」公式サイト)をご覧ください。

こんな方へおすすめ!

・ひたちなか市が好きで、いつか地元に戻って暮らしたいと考えている。
・地元の魅力を多くの人に知ってもらいたい。
・地元でどんな形で関われるか模索したい。
・イベントの企画や運営をしてみたい。

各コース概要

【地域×スポーツコース】~住み続けられるまちづくりを~

<テーマ>

将来スポーツ関連の仕事に就きたい学生必見!Astemoリヴァーレ茨城 のファンブースで家族で楽しめる新コンテンツづくりに挑戦

<受け入れ企業/ご担当者>

Astemoリヴァーレ茨城(バレーボールチーム)/加賀山 諄人さん

<コース概要>

Astemoリヴァーレ茨城のファンブースで親子が楽しめる新しいコンテンツづくりをするチームと、SNSを活用した情報発信をするチームの2チームに分かれ、新たなファン層を獲得する。

1.ファンブースで開催するファミリー層をターゲットとしたイベントの企画・運営
2.学生をメインターゲットとした情報発信・SNS発信&フォロワー獲得
3.活動内容などのBRIDGEプロジェクト公式アカウント等への投稿

【地域×メディアコース】~住み続けられるまちづくりを~

<テーマ>

ひたちなかの新たな魅力を創造せよ!体験コンテンツの発掘×磨き上げ×プロデュースに挑戦

<受け入れ企業/ご担当者>

 株式会社NEXT・カワシマ/川嶋 啓太さん

<コース概要>
ひたちなか市で新しい体験コンテンツを作り、実際に体験し、情報発信する取り組み、地域内外の新たなファン層を開拓する。

1.ひたちなかの魅力を発信する体験コンテンツづくり(コト作り)
2.コンテンツの記事化、集客、コンテンツ実施までをする(周知)
3.活動内容などのBRIDGEプロジェクト公式アカウント等への投稿

プログラム日程

DAY 1: 8月9日(金) @ひたちなか市+オンライン

オリエンテーション

DAY 2-4: 8月28日(水)-31日(土) @ひたちなか市

企画合宿(3泊4日)現地フィールドワーク、内容研修

DAY 5: 10月上旬 @ひたちなか市

中間発表会

DAY 6: 12月20日(金) @ひたちなか市

最終発表会

DAY 7: 1月10日(金) @ひたちなか市

同窓会

開催概要

対象

・ひたちなか市出身で市外・県外在住の大学生等(休学中でも可)
・ひたちなか市外出身の都市部大学生等(休学中でも可)
・全日程参加可能な方
 ※どうしても「この日程が難しい」などがありましたら、考慮・調整できる場合もありますので、その旨をご記入の上ご応募いただけたらと思います!

参加費

無料(交通費・飲食費等の実費負担有)
※1人につき上限4万円を目安に補助

申込期限

7月27日(土)

定員

各コース6名ずつの合計12名程度 
※応募多数の場合、選考となります

主催

ひたちなか市

企画運営

一般社団法人常陸frogs

メディア・プロモーションサポート

株式会社ココロマチ 編集部

過年度参加学生の声

▼2022年参加者/市内出身・市内在住
中郡 遥果 さん

BRIDGEプロジェクトでできたコミュニティを通して、日常的に様々な情報が入ってくるようになった。年代、職種を越え多様な人との繋がりができ、コミュニケーションスキルが向上した。現在は大学を卒業し、ひたちなか市役所で働いている。

▼2021年参加者/市内出身・県外在住
内藤 裕介 さん

地域企業との繋がりを得たり、移住情報を聞いたり、那珂湊の歴史保存の活動に参加する機会も得た。現在は大学を卒業し、都市計画コンサルタント企業に就職。

▼2022年参加者/市外出身・市外在住
大越 優香 さん

行政、企業、地元など地域をよりよくしようとする様々な立場の人に出会えた。自分が困った時に助けてもらえる、背中を押してもらえるような親、先生以外の大人に出会えた。現在は大学を卒業し、茨城県庁に就職。

参加方法や詳細について

下記よりご確認下さい。

「ひたちなかBRIDGEプロジェクト2024」
公式サイト

お問い合せ

一般社団法人常陸frogs
電話番号:090-5833-5186
メール:contact@hitachifrogs.com
ウェブサイト:hitachifrogs.com

ココロココ編集部
記事一覧へ
私が紹介しました

ココロココ編集部

ココロココ編集部ココロココでは、「地方と都市をつなぐ・つたえる」をコンセプトに、移住や交流のきっかけとなるコミュニティや体験、実際に移住して活躍されている方などをご紹介しています! 移住・交流を考える「ローカルシフト」イベントも定期的に開催。 目指すのは、「モノとおカネの交換」ではなく、「ココロとココロの交換」により、豊かな関係性を増やしていくこと。 東京の編集部ではありますが、常に「ローカル」を考えています。

人と風土の
物語を編む

 「風土」という言葉には、地形などの自然環境と、 文化・風習などの社会環境の両方が含まれます。 人々はその風土に根ざした生活を営み、 それぞれの地域に独自の文化や歴史を刻んでいます。

 過疎が進む中で、すべての風土を守り、 残していくことは不可能であり 時とともに消えていく風土もあるでしょう。 その一方で、外から移住してその土地に根付き、 風土を受け継ぎ、新しくつくっていく動きもあります。

人と風土の物語を編む