建築と医療の課題を暮らしの活力へ ~那須烏山市で育まれる新たなコミュニティ~

121

田園風景に囲まれた栃木県東部の城下町、那須烏山市では、近年、空き家活用や事業の立ち上げを通して、年齢・経歴・職業の枠組みを超えた新たなコミュニティの輪が広がりつつある。なかでも、那須烏山市出身の建築士・齊藤貴広さんと、群馬県出身の看護師・横山孝子さんは、それぞれの経験を活かした独自の取り組みを展開。地域住民を巻き込んだネットワークづくりに奔走している。

6月25日(土)に渋谷で開催される「地域の場づくり論―ニア東京・栃木で始める新しい仕事のイロハ―」のゲストスピーカーでもあるお二人。何がきっかけで、どのような活動を始めたのか。今後の展望も含めて、お話を伺った。

建築家プロ集団「ハウスブックプロジェクト」による空き家プロジェクト

nasukara_0002

「活動を始めたきっかけは、近代化遺産に指定されていた『烏山』駅が建て替えられたことでした。こんなに簡単に街の遺産が失われてしまうのかと、建物に関わる人間の役割について、真剣に考え始めたんです。色んな本を読んでいるうちに、人口減少と空き家の増加によって、市町村が消滅しかねない将来に危機感を覚え、那須烏山市の空き家問題に関わりたいと思うようになりました。」

那須烏山市出身の齊藤貴広さんは、宇都宮市などの設計事務所で働いた後、2008年に母の建築事務所「建築工房ヒロエ」を手伝う形で、故郷へUターン。5年後の2013年に、一般社団法人 栃木県建築士会烏山支部に所属する建築士の仲間と共に、空き家情報の集積・公開・利用促進を通して、まちづくりを推進する「ハウスブックプロジェクト」を設立した。

「実態調査をしたところ、多くの物件が見つかりましたが、代々受け継いだ場所を貸すことに抵抗を感じる方が、少なくありません。空き家の持つ可能性について丁寧にお話して、不安を取り除くことが大切ですね。」

 

飲み会の席で生まれたアイデアを形に

 nauskara_003

齊藤さんは、「ハウスブックプロジェクト」以外にも、様々な活動に精力的に取り組んでいる。2014年には、地元出身の同級生4人で、農産物の生産・加工・販売を行う「烏合の手」を結成。「みんなでお酒を飲んでいる時、造園業を営んでいるメンバーが、自家栽培している野菜をみんなに配ってくれたんです。ちょうどその場に、ジュース加工の仕事をしている仲間も居合わせて、那須烏山のお土産を作ろうと話が盛り上がり、実現に向けて動き始めました。」

早速、メンバーの土地で野菜づくりに着手し、果肉感たっぷりの完全無農薬トマトジュース「赤烏」を完成させた。次にJA那須南の協力を得て、栃木県産ブランド梨「にっこり」を使用した梨ジュース「梨烏」も手がけ、直売は勿論、地元のステーキハウスや物産店、那須塩原のカフェと販路を拡大している。

「ジュースは絞りたても美味しいですが、寝かせておくと熟成され、より濃厚な味が楽しめます。“七色の烏”を羽ばたかせることを目標に始めたので、今後は烏山のミカンやリンゴなども製品化したいです。」

 

コミュニティをデザインする「まちづくり」

 nauskara_004

「ハウスブックプロジェクト」も「烏合の手」も「まだまだこれから」と話す齊藤さんだが、プロジェクトを通して思わぬ出会いに恵まれた。その一人が、町内で床屋を経営している高橋誠一さん。環境や持続可能性をテーマに世界各地で開催されている、エコでソーシャルな飲み会「green drinks」を那須烏山で始め、「運営の手が足りないので若い力を貸してほしい」と齊藤さんに相談を持ちかけたという。

こうして2014年に生まれたのが、那須烏山市のコミュニティデザインチーム「glabo(グラボ)」。月1回行っている「green drinks」では、近隣の町から多彩なゲストを招き、年齢・経歴・業種・地域を超えたネットワークを育んでいる。「まちづくりに関わりたいとはずっと思っていましたが、動き出してみたら、同じような意識を持つ人たちがいることに気付かされました。」

建築士の仕事を軸に、新たな分野にも軽やかに飛び込んでいく齊藤さん。まちづくりは、まず楽しむことからと話す。「お酒を飲みながら、ざっくばらんに話し合うだけでもいいと思うんですよ。僕自身、『glabo』の集まりで梨農家さんと知り合ったことが、JAさんとのコラボ作『梨烏』に繋がりました。誰もが気軽に参加できて、楽しみながら輪を広げられる、そんな場になればいいですね。那須烏山はコンパクトな町で、動きが取りやすいので、その分、可能性も大きい気がしています。」

 

移住先で見つけた課題が人生の転機に

 nauskara_005

那須烏山市の地域医療に危機感を抱き、自らのキャリアを活かした事業をスタートさせた女性がいる。在宅医療に取り組む看護師、横山孝子さんだ。群馬県出身の横山さんが那須烏山市に移り住んだのは、1997年。知人を頼りに移住したのが最初だ。那須烏山の豊かな自然環境が一目で気に入ったという。地元の人たちの紹介で、勤務先の病院や住居、子どもの学校まで、とんとん拍子に決まったそうだ。

「那須烏山に引っ越してまだ間もない頃、息子が一人で下校していると、コロッケ屋さんのご夫婦が声を掛けてくれて、コロッケをお土産に持たせてくれたんですよ。最初から、余所者を歓迎してくれる温かい町だなあという印象で、スムーズに溶け込めました。」

転機が訪れたのは、救急外来を担当し始めた時。救急外来で90歳近いお年寄りが救急車で運ばれ、病院で亡くなる姿を目の当たりにするなかで、在宅医療の必要性を切実に感じるようになった。

「群馬の実家では、曽祖父母も、祖父母も皆、家で家族に看取られました。高齢の患者さんたちの願いが叶って、やっと自宅に帰れたと思ったら、救急車で運ばれて病院で亡くなる現状をなんとか変えたい、看護師として自分にできることはないかと考えるようになりました。」

その後、在宅医療の勉強会や講演会に積極的に参加。全国各地で、介護保険制度では対応しきれない生活支援を行う訪問ボランティアナースの会「キャンナス」と出会い、その活動と精神に「これが私の求めていたものだ」と深い感銘を受けた。

 

ネットワークで育てる在宅医療

 nasukara_006

一念発起した横山さんは、「在宅医療はコミュニティ全体で考えていくものなので、まずは地域を知ることから」と、お祭りの実行委員会や消防団の一員に。
「当初は、法人って何?定款って何?という、まさに手探りの状態でしたが、想いだけで動き始めたことに共感してくださった地元の人たちや議員さん、新聞記者さん、商工会の方々が、立ち上げ前から応援してくれて、空き家物件も紹介してもらえました。」

こうして2012年に、那須烏山市初の訪問看護「訪問看護ステーションあい」が誕生。5人のスタッフで始まった事業所は、現在、10人の多彩な経験値を持ったスタッフで運営されている。2015年には、念願の「キャンナス烏山」を設立し、訪問介護の有償ボランティアサービスを開始。医療保険や介護保険の範囲内でサービスを提供する「訪問看護ステーションあい」を補完する形で、外出時の付き添い、旅行介助、留守番など、保険の対象外となる支援の依頼にも柔軟に応じている。「今後も住民の方々や、行政・病院と協力しつつ、既存のシステムでは対応しきれないニーズに応えたい」という横山さん。

実はもう1つ、空き家を活用して実現したい夢があるという。「自宅での看取りは、家庭の事情や病状によっては難しい場合が多々あります。そういう人たちのために、必要な環境を整え、自宅にいるように最期を迎えられる『お看取りの家』を作れたらと思っています。訪問看護は看護士の心の集大成。地域の方々に、諦めなくていいと、希望を持ってもらえたら嬉しいですね。」

 

グループ応募もOK!那須烏山市地域おこし協力隊

nasukara_007

今回初めて地域おこし協力隊を募集する那須烏山市。市民活動が活発な那須烏山市で、地元の方と一緒に街を元気にしませんか?募集は7月15日まで!

そして!6月25日(土)「co-ba shibuya」にて、「地域の場づくり論―ニア東京・栃木で始める新しい仕事のイロハ―」を開催します!
「場づくり」に、一緒にチャレンジしていく人を求める栃木県那須烏山市。そんな地域の場づくり論を垣間見に、足を運んでみませんか?
休日の午後に、那須烏山のお菓子と紅茶を楽しみながら、ニア東京で始める「場づくり」の仕事の構想を考えましょう!

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

取材先

齊藤貴広さん・横山孝子さん

齊藤貴広さん (一級建築士/house book/glabo/烏合の手)(写真:左側)
那須烏山市生まれ。一級建築士。現在は、実家の経営する建築工房ヒロエに入所し、市内外の住宅や店舗建築に関わっている。市民活動では「house book」として空き家の実態調査やその後の活用促進を主とした事業を実施。また、異業種の仲間とともに「glabo」を組織し、点で活動してきた市民団体のハブになるような取り組みを行う。

「ハウスブック」:http://www.housebookproject.org/
「烏合の手」:https://www.facebook.com/ugounote/
「glabo」:https://www.facebook.com/glabo.nasukarasuyama/?fref=ts

横山孝子さん (訪問看護ステーションあい代表/キャンナス烏山代表)(写真:右側)
群馬県邑楽町生まれ。2012年5月「訪問看護ステーションあい」を開設。2013年5月に「キャンナス烏山」を設立。
「訪問看護ステーションあい」の活動の中で、介護保険制度で対応しきれない要望を目の当たりにしてきた。そこで、2011年に知ったキャンナスの活動を県内で実践することになり、現在に至る。

「訪問看護ステーションあい」:http://www.ai-houkan.com/
「キャンナス」:http://nurse.jp/

ココロココ編集部

ココロココ編集部cocolococo

ココロココでは、「地方と都市をつなぐ・つたえる」をコンセプトに、移住や交流のきっかけとなるコミュニティや体験、実際に移住して活躍されている方などをご紹介しています! 移住・交流を考える「ローカルシフト」イベントも定期的に開催。
目指すのは、「モノとおカネの交換」ではなく、「ココロとココロの交換」により、豊かな関係性を増やしていくこと。
東京の編集部ではありますが、常に「ローカル」を考えています。

RELATED関連記事

NEW

POPULAR ARTICLE人気の記事