すべての記事一覧 | ココロココ 地方と都市をつなぐ・つたえる

すべての記事一覧

NEW
288

廃校を活用した自然や食の体験施設「ユクサおおすみ海の学校」から広がる地域づくり

興味の赴くまま「ものづくり」を続けてきた 神奈川県相模原市出身の繁昌孝充さん。父親の出身地が鹿屋市で…

2021.1.14
158

ハンター養成講座が大好評!地域課題の掛け算で、首都圏と地方のニーズを繋ぐ「南房総2拠点ハンターズハウス」

都市部在住者から「2拠点生活」の適地として注目されている千葉県南房総市・館山市で、2020年11月から「南…

2021.1.7
265

伊豆半島の小さな漁村・戸田に「深海魚直送便」がつくる漁業の新しい道

深海魚が生活にある街、沼津市戸田 「深海魚水族館」があるなど、深海魚ブームも巻き起こした静岡県沼津市…

2020.12.27
30

自分らしく伝統を継いでいく。高知県三原村「土佐硯」の後継者たち

六千万年前の堆積岩で作る土佐硯 三原村は、人口約1500人が暮らす静かで小さな村。標高120〜200mの高原盆…

2020.12.24
363

下北半島の海と森を舞台に、Uターン僧侶と地元漁師がタッグを組んで実現した「海峡ロデオ大畑」の取り組み

Uターン僧侶に触発された二人の漁師 「海峡ロデオ大畑」が結成されたのは下北半島と北海道の間にある津軽…

2020.12.23
190

起業家目線でのサポート体制が整う、まるまるまるもりプロジェクト

丸森町の現状と課題 丸森町は1954(昭和29)年、金山町・大内村・大張村・耕野村・小斎村・舘矢間村・筆甫…

2020.12.21
16

青森・平内町の駅前でUターン者が営む小さなパン屋さん。移住農家とコラボ商品も販売

仕事を始めて趣味がパン作りになる 高校時代はフィルム写真を現像化する自前の暗室を持つなど、大の写真好…

2020.12.18
190

コロナで一時帰国中の青年海外協力隊員が、房総半島の館山市で「萬隊(よろずたい)」として活躍!

工事・DIYは未経験。やる気と行動力はあります! 2020年8月のある日、館山に3人の若者が集まりました。ヨ…

2020.12.14
11

30歳でUターン。家業を継ぎ地元でイベントを仕掛ける。テーマは「自分が楽しむ」

青森県のほぼ中央に位置し、青森市に隣接する平内町。自生するツバキの北限地帯とされ、白鳥の渡来地が特…

2020.11.26
13

暮らす場所をじぶんごと化できる豊かさ。日本一小さな村で取り組む子育てとしごと

子どもを何より大事に想う。受け継がれる、村のあり方 岡山さんは、もともと長崎出身。企業の広報活動を支…

2020.10.28
11

福岡と東京を拠点にローカルを編集する「TISSUE Inc.」

研究者は食えへん、ならば編集者に 身長182センチ。ダボッとした服装にパーマ頭。関西弁で、ズバズバと本…

2020.10.8
52

飯舘村に新たな文化・クリエイティブ拠点をつくる!廃校を活用した「Bound for IITATE」プロジェクトとは?

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故により、全村避難となった福島県飯舘村。2017年3月31日には避難指…

2020.9.2
1 / 4712345...102030...Last »

このページをシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME >

POPULAR ARTICLE人気の記事